ありがとう。さよなら…2013-07-16(Tue)


GX100

昨日15日にヒューヒュー(カブトムシ♀)が逝きました。
カブトムシの寿命は羽化後1~3ヶ月程度と聞いていたのでこれは寿命だったのだと思いますが、あまりに突然でした。

14日、一つ前の「ヒューのココロ」と言う記事を書いていた時は今までの中で一番元気でした。
過去紹介した色々な遊びを繰り返し、ケースの中がグチャグチャになるまで遊んでいました。
そして見に行くとピタっと動きを止めてこちらを見ているようにも感じました。
今思えば、最後の命を燃やし切っていたのかも知れません。

昨日15日は、ここ最近では珍しく朝も顔を見せてくれなかったのですが、前日の疲れでもあるかな?ぐらいに思ってあまり気に留めませんでした。
夕方にエサを替えた時も寝ている場所は分かっていたけど、そっとしておいてやろうと思い、手を触れませんでした。

夜になっても顔を出さないので、さすがに心配になって触れたらすでに命の灯は消えていました。

大の大人が、と笑われそうですが、今の気持ちを言葉にするのは無理です。
幼虫時代から約10ヶ月、初めての経験で本当にたくさん心配もしたけど、それ以上に僕の心に暖かく大きな何かを残してくれました。
悲しみ、寂しさと共に感謝の気持ちでいっぱいです。

つぶらな瞳がチャームポイントだったヒュー。
触ると甲羅の産毛がビロードのように美しく、気持ちよかったヒュー(この写真はそれを記事にしようとストックしていたものです)。
臆病なのにすごくお転婆だったヒュー。
この日が来ることは分かっていたよ…、だけどやっぱり寂しいよ。

本当にありがとう。
さよなら…。

Comments(12) | RICOH GX100

Comment

ミッチー、なんて声をかけたらいいかわからないです・・・。
私の中でもヒューヒューへの想いが育っていたんですね。


この写真、いい顔してると思いました。
ありがとう。

2013-07-16 22:52 | URL | uokao [ 編集]

突然の事に驚いています
私もミッチーの気持ちを思うと・・何と声をかけていいのか
言葉も出てきません

ヒューヒューは、幼虫の頃、さなぎの頃の姿を通して
私に小さい頃の大切な思い出をを思い出させてくれました

ヒューヒュー♪ありがとう

2013-07-17 00:24 | URL | ヒサヨ [ 編集]

わたしにはヒューヒューが
『ありがとう』と言っているように感じました。
ミッチーさんのかかわりをおもうと
簡単にはいえないし
別れはやっぱりさびしいものですが
すごく楽しかった、と言ってるようにも感じます。

ヒューヒューありがとね。

2013-07-17 10:41 | URL | つき [ 編集]

本当に突然で なんと言ったらいいのか

Mizzyとヒューヒューの関わりに 沢山のことを学びました
ありがとう

2013-07-17 11:30 | URL | ひろこ [ 編集]

突然の事に、びっくりしました。
お別れが、こんなにも早く来るなんて、思いもしなかった。
だからこそ、「愛せるときに精一杯愛する」のですね。

Mizzyとヒューヒューの関わりから大切なことを教えて貰いました。
ヒューヒューありがとう。

2013-07-17 13:44 | URL | momo [ 編集]

Re: タイトルなし

コメント、メールを下さった方々、本当にありがとうございました。

昨日一日、いつもと変わらぬ一日を過ごしているのにいつもの場所にヒューだけがいない…、と言う現実に段々と慣れてゆくのは何だか切ないものです。
時折、発作のように押し寄せてくる寂しさも少しずつ懐かしさに変わってゆくようです。

ヒューが逝ってしまってから溢れてくる様々な思いも、どれ一つ苦しみではなく、愛ゆえの痛みなのだと改めて実感していました。
そしてそれらは収まるところに収まりつつあります。


uokao、
でしょ。ヒューは美人だと思うんだよね。
羽化して初めて土の中から顔を出したときの表情が今でも忘れられないんだ。
uokaoが貸してくれたCDの4曲目「ラウレアの花」がヒューとの思い出の歌、鎮魂歌になったよ。

ヒサヨ、
うん、あまりに突然すぎて…。
ヒューは何だか生き急いでいたのかな?
でも、最後まで元気に駆け抜けて行ったよ。

つきさん、
僕もヒューが「すごく楽しかった」と言ってるように思えて…。
だからつきさんのコメント読んだら笑いながら涙が溢れてきましたよ。
ヒューはホントにいつも楽しそうだったから。

ひろこ、
ヒューは分類は「カブトムシ♀」だったけど、僕にとっては「ヒューヒュー」だったんだと思ったよ。
愛する対象にカテゴリーなんて関係ないね。
だって、僕は本当にヒューとつながっている感覚があったのだから。

momo、
うん、改めてその言葉を噛みしめたよ。
でね、もちろんぬかりはないよ。
どの一瞬も心から精一杯愛していたから。


思いは尽きません。
ヒューはもうカラダはなくなってしまいましたが、そのエネルギーは僕の一部として共にあると信じられます。
ヒューと一緒に過ごした日々のあの気持ちは紛れも無く僕の中にあったのですから。

2013-07-18 00:37 | URL | Mizzy [ 編集]

2日ほどブログを見てなかったので…さきほど知りました。

また21日にも会えると思ってた。 早いよ。
どの瞬間も 精一杯生きて愛するってことを ずっと見ていました。
…時間じゃ ないんですね。

ヒューヒュー Mizzy  ありがとう

2013-07-18 22:28 | URL |  NORI [ 編集]

何だかあまりに突然すぎて・・
でも、時間なんて関係ないのだと感じました。
Mizzyが本当に嬉しそうに愛しくて仕方がない様子で、
ヒューヒューの事を話していた姿が思い出されます。

愛せる時に心から愛すのですね。
ありがとう。

2013-07-19 00:01 | URL | Ryoco [ 編集]

びっくりしました。うまく言葉がでてきません。。。
寂しいけれど、ヒューヒューはMizzyに精一杯愛されて幸せだったなって思います。

私もそんな風に愛したいと思うと同時に恐れも感じています。

みせてくれたMizzyとヒューヒューにありがとう。

2013-07-19 11:14 | URL | harumi [ 編集]

Re: タイトルなし

NORI、
うん、いくら好きでも24時間ずっと一緒にいられるわけではないものね。
一緒にいる時にどれだけそこにフォーカスしてるかだな、と改めて思ったよ。
もっと見せてあげたかったなぁ…それだけが悔やまれるかな。

Ryoco、
はは、まるで恋人のようだ。
でも、本当に愛しくて、ヒューのことを話している時、何だか幸せだったよ。
自慢の娘(?)だったからね。

harumi、
こう言うことがあると精一杯愛すのが怖くなるよね。
でもね、それより怖いのは後悔することだと思うんだ。
失った悲しみはより大きな愛へと昇華できるけど、愛さなかった後悔は代償が大きいと思うんだ。


コメント、メールを下さった皆様、改めて、ありがとうございました。
ヒューがいなくなってから僕はより一層「今」にフォーカスするようになりました。
それは今までよりもっと繊細で、深い感覚で、自分の本来のリズムを感じます。
すべての瞬間が愛しいです。
ヒューが残していってくれたものかなぁ…。

2013-07-20 00:49 | URL | Mizzy [ 編集]

そううだったんですか。なにもいい言葉を言えませんが色々な思いを大切にできた事がよかったのではないかと思います。
元気出してください。

2013-07-25 09:09 | URL | H.O [ 編集]

Re: タイトルなし

H.Oさん、

そうなんですよ…、仕方なかったとは言えちょっと早かったです。
でも、受け取ったものは大きかったから、今は心安らかでいられるんです。
ありがとうございました。

2013-07-27 00:14 | URL | Mizzy [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

プロフィール

Author:Mizzy
1961年生まれ ♂
東京在住

写真によるワタシなりの変革啓蒙。

※掲載物の無断転載・複写・複製
及び商用利用は固くお断りします。

●SONY α7Ⅱ
 (since2015.10)
 Carl Zeiss Planar T*50mm/f1.4MMJ(YC)
 Carl Zeiss Vario-Sonnar T*70-210mm/f3.5AEG(YC)
 HOLGA HL(W)-SN 25mm/f8

●OLYMPUS OM-D MarkⅢ
 (since2019.2)
 Olympus M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm/f3.5-5.6
 
●LEICA M3
 (since2011.6)
 Leica SUMMILUX(M)35/F1.4 2nd('69)
 Leica SUMMAR(L)50/F2('33)
 Leica ELMAR(L)90/F4・Fat Type('32)
 KMZ RUSSAR MR-2(L)20/F5.6(不明)
 KMZ JUPITER-12(L)35/F2.8('76)
 Canon CANON LENS(L)50/F1.2('56)
 Carl Zeiss Jena TESSAR(Cx) 28/F8('35)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 50/F1.5('36)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 50/F2('34)
 Carl Zeiss Jena Triotar(Cx) 85/F4('33)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 135/F4('33)
 Voigtlander SUPER WIDE HELIAR(L)15/F4.5ASPH

●ASAHI PENTAX S2 super
 (since2014.6)
 SMC TAKUMAR 50/F1.4
 Kodak P.Angenieux(M42改) 50/F2.8
 Carl Zeiss Jena TESSAR(M42改) 50/F3.5(1913)
 Carl Zeiss Jena Flektogon 25/F4
 Carl Zeiss Jena SONNAR 180/f2.8
 KMZ INDUSTAR-50 50/F3.5
 KMZ Jupiter-9 85/F2.0
 KMZ MC ZENITAR-M 16/F2.8 FISH-EYE

●KOWA Kowa SIX
 (since2014.4)
 Kowa 85/F2.8

●Voigtlander SuperBessa
 (since2017.1)
 Helomar 105/F3.5

●Voigtlander VIRTUS
 (since2014.12)
 Heliar 75/F3.5

●ZEISS IKON Super Ikonta530/2
 (since2017.3)
 Carl Zeiss Jena TESSAR 105/F4.5

ブログ内検索

過去ログ +

2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【6件】
2018年 04月 【3件】
2018年 03月 【13件】
2018年 02月 【14件】
2018年 01月 【21件】
2017年 12月 【13件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【3件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【11件】
2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【34件】
2016年 10月 【37件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【15件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【18件】
2016年 05月 【19件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【23件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【33件】
2015年 11月 【34件】
2015年 10月 【65件】
2015年 09月 【45件】
2015年 08月 【42件】
2015年 07月 【48件】
2015年 06月 【36件】
2015年 05月 【19件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【17件】
2015年 02月 【26件】
2015年 01月 【43件】
2014年 12月 【48件】
2014年 11月 【42件】
2014年 10月 【35件】
2014年 09月 【38件】
2014年 08月 【29件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【24件】
2014年 04月 【28件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【19件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【27件】
2013年 10月 【17件】
2013年 09月 【17件】
2013年 08月 【26件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【22件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【10件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【22件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【22件】
2012年 10月 【24件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【27件】
2012年 07月 【36件】
2012年 06月 【49件】
2012年 05月 【44件】
2012年 04月 【32件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【38件】
2011年 12月 【38件】
2011年 11月 【36件】
2011年 10月 【35件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【28件】
2011年 07月 【27件】
2011年 06月 【29件】
2011年 05月 【33件】
2011年 04月 【41件】
2011年 03月 【46件】
2011年 02月 【41件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【48件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【55件】
2010年 09月 【29件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【22件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【37件】
2010年 04月 【68件】
2010年 03月 【32件】
2010年 02月 【66件】
2010年 01月 【54件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【48件】
2009年 09月 【50件】
2009年 08月 【43件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【44件】
2009年 05月 【49件】
2009年 04月 【33件】
2009年 03月 【21件】
2009年 02月 【17件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【24件】
2008年 11月 【20件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【19件】
2008年 07月 【17件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【26件】
2008年 04月 【28件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【45件】
2008年 01月 【40件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【24件】

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ