不思議な時空を旅してる2015-01-27(Tue)


RICOH GR LENS 28/F2.8

時間や空間は実は意識の中にあって、ワタシ達はそれを外に投影したものを現実と認識しているだけと言う説をワタシは信じている。
仏教などでも「動いているのは世界ではなく、自分の心だ」などと教えているらしいし。
だから、意識の構造が変化すると時間や空間の概念が変化する。
この仕組を理解し、使えば時間や空間を超える事(伸ばしたり縮めたり等々)が可能らしい。

前の記事にも書いたように(腐ったパンを食べた話ではない)、今回の名古屋・東京のワークではある波動で共鳴する実験をやった(←どんな実験かはおいおいまた)。
望んだ結果を100%得るまではいかなかったけど、それなりに興味深く、面白い体験をしたことには大変満足した。

さて、その名古屋からのクルマでの帰り道。
名古屋から東京までは通常普通に運転すると約5〜6時間かかる。

この日は懇親会でついつい時間を過ごしてしまい、帰路を出発したのがいつもより遅い夜の10時頃だった。
連日の仕事で、さすがに肉体的疲労感は否めない…、しかも翌日も仕事だし。
多分仮眠をとりながら安全運転で進むから到着は明け方3時半から4時かも知れないな、と思いながら、せっかくだからクルマの中でその日にやった実験(ある波動を創りだし、共鳴する)を再度運転しながらやってみた。

で、結論から言うと、2時半に東京に着いた。
名古屋から東京までの所要時間がどう計算しても4時間しかかかっていない(途中30分程仮眠した)。
…つまり時間を間引いたとしか思えない。
過去にも何度かクルマの運転中に時間を飛び越えた事はあったけど、意識的にやったのは初めてだ。

いずれこの技の再現性を検証しようとは思うけど、何もクルマに乗っていなくても普通に歩いている時でも使えそうだ。
今日は銀行での待ち時間を短縮してみた(←自分でもちょっとビックリしたけど)。

冒頭に書いたように、時間は意識の中にある。
こういった意識や波動の変化を現実に反映させる事で、さらに人生を向上させてゆける可能性についてを改めて実感した。

Comments(21) | RICOH GR1v -フィルム写真-

Comment

ある実験で行った先みたいな写真。
おおお~とびっくり眺めてる私さえ感じました(*^^*)

あぁ覚えてないんだったっけ(笑)

2015-01-27 19:14 | URL | まき [ 編集]

お〜〜出ましたな😆
キリッとして宇宙的時空間を思い起こさせるような、今回の話題にピッタリのモチーフに見えるね✨
GR1v、ホントにすごいわ…😍

2015-01-27 19:45 | URL | MIEKO [ 編集]

Re: タイトルなし

まき、

> ある実験で行った先みたいな写真。←うん、そのイメージでこの写真を選んだ。

覚えてないって不思議だよね。
記憶の主導権って自分の中のどの部分が握っているんだろうね。
少なくとも人間としての顕在意識にはその選択権はないんだろうね。
意識の統合領域を拡大した先にその選択権を取り戻すんだろうなぁ。

2015-01-27 20:15 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

MIEKO、

うん、前述したようにこの話題ならこの写真ってイメージだった。

ありがとi-189

2015-01-27 20:24 | URL | Mizzy [ 編集]

うん。
行った先の記憶も
自分の過去の記憶もどこかのなにかの関係でチョイスされたように残ったり残ってなかったりしているのは不思議だなぁっておもう。
統合する時に今の感情と過去の記憶がぱたぱたぱたとつながると
癒されたい気持ちが魂の奥にあるんだなぁって感じて健気だなぁって思います。

統合する時はとってもそんなこと思ってられないんだけども(苦笑

2015-01-27 20:25 | URL | まき [ 編集]

すごーい!
レクレーションの時の感覚そのまんまだっ

理屈抜きで時間も距離も飛び越えた世界があるんだって
感覚的に思った

好奇心で色んな事に応用するMizzyに脱帽です

2015-01-28 00:03 | URL | シマダ ヒサヨ [ 編集]

Re: タイトルなし

まき、

癒やされたいって気持ちは、きっと魂の復元力なんだよ。
元々の状態に戻るのが自然ってことだね。
その感覚に従って進めば、辿り着くところは“幸せ”だよ。

2015-01-28 00:41 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

ヒサヨ、

体験が理解につながる一番の近道だね。
体験してしまったら否定しようがないもんね。

そんな体験(正確には理解)を何とか写真に出来ないかと悪戦苦闘してるよi-179

2015-01-28 00:43 | URL | Mizzy [ 編集]

なるほど(#^.^#)

2015-01-28 06:12 | URL | まき [ 編集]

おおおー!!
この写真、映画『インターステラー』で観た多次元空間の映像と、すごくよく似てるよ。
そこには時間が伸び縮みする話も出てきてて、ちょっと興奮!

Mizzyが体現してくれてることは
一時の私からすれば、夢みたいな概念を
現実と結びつけてくれてるよ。
やっぱり、光だなあ・・・。

いつも、ありがとです♡

2015-01-28 10:04 | URL | 郁恵 [ 編集]

あの実験で行った先について、その間のことは覚えていないけれど、そうだったと確信してます♪
そして、名古屋 東京間の時間短縮は それを証明してるように思います。いやー、凄い!私も実験してみよう(^^)/

それにしても この写真は見てるだけで行った先の波動を感じてワクワクするね~☆

2015-01-28 11:06 | URL | uokao [ 編集]

お~ あの懇親会の駐車場で見送る時 冗談でみんなで新東名までワープさせようとヌンヌンしていたのだけど

本当にやっちまうなんて 面白いぞ~ 来月話し聞くの楽しみにしてます♪ 

2015-01-28 12:01 | URL | ひろこ [ 編集]

あの駐車場での、ヌンヌンを送った私たちは凄いね❗️❗️ ひろこと同じ事を考えてた😊
それにしても、意識と波動について、体感を通してのシェアは、また一つ 自分の中での納得に繋がり、とても興味深いです。

これからは、帰り際、ヌンヌンするからね💕 ヌンヌン ヌンヌン

あっ、ちなみに、私はこれからは、まゆみで投稿しますね(名古屋のまゆみです)

2015-01-28 16:06 | URL | まゆみ [ 編集]

実は…掲載されて間もなく、この写真を見て強く反応してたんだけど
それが“恐れ”だったもので、なかなかコメント出来ないでいました><
もっと規模が大きくて(これも充分大きいケド)中央のブロックが動いていて…
いつかどこかで見た何かを思い出すような…思い出したくないような…
(そういう感覚を呼び起こすくらい、この写真の放つものが大きいんだね)

一人だけ否定的な反応して加われないでいたけど
でも、みんなのコメントみてたら楽しそうで 私も入~れ~て~な気持ちに/////
名古屋のみんなの ヌンヌン(って呼んでるのね^^)が愛に満ちていて
温かいなぁって思った(*^_^*)

2015-01-28 17:57 | URL | NORI [ 編集]

話に入るタイミングがぁ~大縄飛びに入るように えぃ!

年に1度か2度、訳の解らないくらいに気分が良くとってもハイになる
そんな時って過去のいい出来事を思い出す訳じゃ無く
良かった気持ちだけ蘇った気分?訳解らないこと言ってる ハハ

まぁ、これも時空を飛び越えたことに ならないかな、

興味ある話題にのってしまいました^^;

2015-01-28 18:35 | URL | シルカレ [ 編集]

Re: タイトルなし

郁恵、

「インターステラー」ってまだ観てないけど、このコメントでちょっと興味持ったなぁ。

夢みたいな概念を現実化するってのは、この生き方を始めた24年前からのコンセプトだったからね。
そんな風に言ってもらえると嬉しいね。
でも、そのうちその夢みたいな概念が当たり前になったりしてね…。

こちらこそありがと。

2015-01-28 23:48 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

uokao、

あの実験から学べる事は単に時間短縮だけでなく、現実の創り方と言う意味ではボク等が認識している以上の事かも知れないね。
何が出来て、何が出来ないのか…、どれだけ実際の生活の中に応用できるかが楽しみだ(すでに色々と実験してみているけど)。
uokaoの実験結果も教えてね。

2015-01-28 23:53 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

ひろこ、

うん、車内から見たあの光景はすっごい怪しかったi-179
この件に関してはスペースの関係で全部は書けなかったけど、再現性と言う意味ではいくつかポイントとなる事があるようなんだ。
来月までにネタ揃えておかなければ…。

ありがと。

2015-01-28 23:58 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

まゆみ、

うん、あのとっても怪しい仕草を堂々とやってたキミ等はスゴいi-190(ボクは一刻も早くあの場を立ち去ろうと思ったけど…i-179)
体感は自分で人生を創造できる可能性を信じさせてくれるよね。

これからは、帰り際、ヌンヌンするからね←お手柔らかに。

ありがと。

2015-01-29 00:05 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

NORI、

今起きている事は、過去のどこかのリプレイである可能性もあるからね。
キミが感じた怖れもその時のものだったのかも知れないね。
もっともリプレイする理由は、恐れる必要はないことを思い出すと言う事なのだろうけど。

うん、みんなお気楽でイイよね〜。
上手く進んでいる証だよ。

ありがと。

2015-01-29 00:10 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

シルカレさん、

> 話に入るタイミングがぁ~大縄飛びに入るように えぃ!←いやぁ、シルカレさん、面白い人ですねぇ。
まぁ、確かに入りにくい雰囲気はあるかも知れませんが、今後もどうぞお気軽に。

過去の良かった気持ちを思い出すのは、ある意味時空を超えた事になると思いますよ。
その自分と今の自分をつなげて、今の現実に同じような状況を再現することも可能でしょうし、思い出すのはそのためかも知れませんね。
鍵はその時の自分の気持ちを信頼する、です。

シルカレさん、独特の視点をお持ちですね。
ありがとうございます。

2015-01-29 00:17 | URL | Mizzy [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

プロフィール

Author:Mizzy
1961年生まれ ♂
東京在住

写真によるワタシなりの変革啓蒙。

※掲載物の無断転載・複写・複製
及び商用利用は固くお断りします。

●SONY α7Ⅱ
 (since2015.10)
 Carl Zeiss Planar T*50mm/f1.4MMJ(YC)
 Carl Zeiss Vario-Sonnar T*70-210mm/f3.5AEG(YC)
 HOLGA HL(W)-SN 25mm/f8

●OLYMPUS OM-D MarkⅢ
 (since2019.2)
 Olympus M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm/f3.5-5.6
 
●LEICA M3
 (since2011.6)
 Leica SUMMILUX(M)35/F1.4 2nd('69)
 Leica SUMMAR(L)50/F2('33)
 Leica ELMAR(L)90/F4・Fat Type('32)
 KMZ RUSSAR MR-2(L)20/F5.6(不明)
 KMZ JUPITER-12(L)35/F2.8('76)
 Canon CANON LENS(L)50/F1.2('56)
 Carl Zeiss Jena TESSAR(Cx) 28/F8('35)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 50/F1.5('36)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 50/F2('34)
 Carl Zeiss Jena Triotar(Cx) 85/F4('33)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 135/F4('33)
 Voigtlander SUPER WIDE HELIAR(L)15/F4.5ASPH

●ASAHI PENTAX S2 super
 (since2014.6)
 SMC TAKUMAR 50/F1.4
 Kodak P.Angenieux(M42改) 50/F2.8
 Carl Zeiss Jena TESSAR(M42改) 50/F3.5(1913)
 Carl Zeiss Jena Flektogon 25/F4
 Carl Zeiss Jena SONNAR 180/f2.8
 KMZ INDUSTAR-50 50/F3.5
 KMZ Jupiter-9 85/F2.0
 KMZ MC ZENITAR-M 16/F2.8 FISH-EYE

●KOWA Kowa SIX
 (since2014.4)
 Kowa 85/F2.8

●Voigtlander SuperBessa
 (since2017.1)
 Helomar 105/F3.5

●Voigtlander VIRTUS
 (since2014.12)
 Heliar 75/F3.5

●ZEISS IKON Super Ikonta530/2
 (since2017.3)
 Carl Zeiss Jena TESSAR 105/F4.5

ブログ内検索

過去ログ +

2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【6件】
2018年 04月 【3件】
2018年 03月 【13件】
2018年 02月 【14件】
2018年 01月 【21件】
2017年 12月 【13件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【3件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【11件】
2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【34件】
2016年 10月 【37件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【15件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【18件】
2016年 05月 【19件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【23件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【33件】
2015年 11月 【34件】
2015年 10月 【65件】
2015年 09月 【45件】
2015年 08月 【42件】
2015年 07月 【48件】
2015年 06月 【36件】
2015年 05月 【19件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【17件】
2015年 02月 【26件】
2015年 01月 【43件】
2014年 12月 【48件】
2014年 11月 【42件】
2014年 10月 【35件】
2014年 09月 【38件】
2014年 08月 【29件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【24件】
2014年 04月 【28件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【19件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【27件】
2013年 10月 【17件】
2013年 09月 【17件】
2013年 08月 【26件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【22件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【10件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【22件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【22件】
2012年 10月 【24件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【27件】
2012年 07月 【36件】
2012年 06月 【49件】
2012年 05月 【44件】
2012年 04月 【32件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【38件】
2011年 12月 【38件】
2011年 11月 【36件】
2011年 10月 【35件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【28件】
2011年 07月 【27件】
2011年 06月 【29件】
2011年 05月 【33件】
2011年 04月 【41件】
2011年 03月 【46件】
2011年 02月 【41件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【48件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【55件】
2010年 09月 【29件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【22件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【37件】
2010年 04月 【68件】
2010年 03月 【32件】
2010年 02月 【66件】
2010年 01月 【54件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【48件】
2009年 09月 【50件】
2009年 08月 【43件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【44件】
2009年 05月 【49件】
2009年 04月 【33件】
2009年 03月 【21件】
2009年 02月 【17件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【24件】
2008年 11月 【20件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【19件】
2008年 07月 【17件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【26件】
2008年 04月 【28件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【45件】
2008年 01月 【40件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【24件】

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ