古きもの2015-01-31(Sat)


Kowa 85/F2.8

先日の新しいギターを買ってから、古い楽譜(約40年前と言うモノもある)を引っ張りだしてポロポロ弾いていると、当時の事とかが鮮明に思い出される。

今の時期、仲間内から「子供の頃のことを思い出す」と言う話をよく聞く。
別にトラウマとかそう言うものではなくて(トラウマも出てくるかも知れないけど)、どちらかと言うと“感性”の話だ。
多感だった子供の頃を思い出すと言うのだ。

ギターの件があるからよく分かる。

ワタシのポリシーの一つに「子供の感性と大人の理性の融合」と言うのがある。
子供の頃は方法が分からずに、感じていたものを上手く表現出来なかったけど、大人になって色々と工夫出来る今、思う存分にもう一度それを表現しよう、と言うものだ。

大人の理性は、分別臭く子供の感性を制限するためでなく、工夫し、上手く表現することのために使えば人生の可能性はより大きく広がる。

古きものから取り戻せるもの。
バカバカしい事でも大いに真剣にやる。
だから人生は豊かだ。

Comments(8) | Kowa SIX(MM & Super66含む) -フィルム写真-

Comment

ここは明治村ですね^^
いい写真ですねぇ。
見てると「誰かに見守られてる」と感じて、心穏やかな気分になります。

私も手に入れた「魔法使いになる本」をめくりながら、当時の自分を楽しんでます♪

2015-01-31 12:42 | URL | uokao [ 編集]

フィルムカメラが面白いのは その操作性が 子供のころ遊んでいた
ネジ巻き製のおもちゃや 顕微鏡なんかを思い出すからかもしれないなぁと思ったよ
吹きガラスもそんなことに繋がるなぁ 風船が膨らむ感覚とかね^^
そことつなげて楽しんでみるのもいいね ありがと~

2015-01-31 16:39 | URL | ひろこ [ 編集]

何故だろう 閉園間近の遊園地を少し離れた場所から見ている気持ちになった。。。

子供の感性っかぁ
ぬいぐるみの写真で、当時の気持ちに近付いてみて思ったの
自分が記憶しているより、はるかにあらゆる側面に多感だったかもしれないなぁって
(範囲だけでなく感じる度合いが、すごく大きかったような気がする)

2015-01-31 16:40 | URL | NORI [ 編集]

やっぱり…今の私には、絵本の"ちいさいおうち"の最後の場面を思い起こさせるなぁ😌(知らないよね、内輪ネタで申し訳ない…)
最初に見せてもらったときも、とっても好きな一枚だったけど、今は更に深いところに響いてくるよ。

今日午後にかなり悲しいことがあって、その後にこの絵本を読んだら、心の底からゆたかなあたたかいものが広がっていったの。
感情変化の時系列的にも、当時もこんなふうに自分をなぐさめ、共鳴できる世界観を感じることでもっていたのかもしれないと感じたよ。
ありがとね。

2015-01-31 18:58 | URL | MIEKO [ 編集]

Re: タイトルなし

uokao、

はい、明治村です。
ありがとう。

今uokaoは自分であの時の自分を見守っているんだね。

2015-02-01 00:24 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

ひろこ、

それは言えるかも。
もっともその時代はそれで遊ぶと言うよりも、壊す事の方が多かったなぁ。
多分、自分の工夫が入る余地が多いほど楽しいのだと思う。
フィルムカメラはそう言う意味では余地がありありだからね。

2015-02-01 00:31 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

NORI、

閉園間近の遊園地を少し離れた場所から見ている気持ちって、妙にノスタルジックだね。

自分では覚えていないだけで、ある意味感性むき出し状態だったのだと思う。
だからたくさん傷ついたりするんだね(そうやって感性を麻痺させることを学ぶのだろうけど)。
NORIは特に多感な子供だったと思うんだ。

2015-02-01 00:34 | URL | Mizzy [ 編集]

Re: タイトルなし

MIEKO、

MIEKOの感性もまた独特で、それゆえに孤独だったろうね(本の内容は知らないけど)、そう思う。
成長と共に感性を麻痺させながらも、一方では感性を死なせないように保つこともしていたんだね。

ありがとう。

2015-02-01 00:38 | URL | Mizzy [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

プロフィール

Author:Mizzy
1961年生まれ ♂
東京在住

写真によるワタシなりの変革啓蒙。

※掲載物の無断転載・複写・複製
及び商用利用は固くお断りします。

●SONY α7Ⅱ
 (since2015.10)
 Carl Zeiss Planar T*50mm/f1.4MMJ(YC)
 Carl Zeiss Vario-Sonnar T*70-210mm/f3.5AEG(YC)
 HOLGA HL(W)-SN 25mm/f8

●OLYMPUS OM-D MarkⅢ
 (since2019.2)
 Olympus M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm/f3.5-5.6
 
●LEICA M3
 (since2011.6)
 Leica SUMMILUX(M)35/F1.4 2nd('69)
 Leica SUMMAR(L)50/F2('33)
 Leica ELMAR(L)90/F4・Fat Type('32)
 KMZ RUSSAR MR-2(L)20/F5.6(不明)
 KMZ JUPITER-12(L)35/F2.8('76)
 Canon CANON LENS(L)50/F1.2('56)
 Carl Zeiss Jena TESSAR(Cx) 28/F8('35)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 50/F1.5('36)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 50/F2('34)
 Carl Zeiss Jena Triotar(Cx) 85/F4('33)
 Carl Zeiss Jena SONNAR(Cx) 135/F4('33)
 Voigtlander SUPER WIDE HELIAR(L)15/F4.5ASPH

●ASAHI PENTAX S2 super
 (since2014.6)
 SMC TAKUMAR 50/F1.4
 Kodak P.Angenieux(M42改) 50/F2.8
 Carl Zeiss Jena TESSAR(M42改) 50/F3.5(1913)
 Carl Zeiss Jena Flektogon 25/F4
 Carl Zeiss Jena SONNAR 180/f2.8
 KMZ INDUSTAR-50 50/F3.5
 KMZ Jupiter-9 85/F2.0
 KMZ MC ZENITAR-M 16/F2.8 FISH-EYE

●KOWA Kowa SIX
 (since2014.4)
 Kowa 85/F2.8

●Voigtlander SuperBessa
 (since2017.1)
 Helomar 105/F3.5

●Voigtlander VIRTUS
 (since2014.12)
 Heliar 75/F3.5

●ZEISS IKON Super Ikonta530/2
 (since2017.3)
 Carl Zeiss Jena TESSAR 105/F4.5

ブログ内検索

過去ログ +

2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【6件】
2018年 04月 【3件】
2018年 03月 【13件】
2018年 02月 【14件】
2018年 01月 【21件】
2017年 12月 【13件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【3件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 06月 【10件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【11件】
2017年 03月 【14件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【19件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【34件】
2016年 10月 【37件】
2016年 09月 【25件】
2016年 08月 【15件】
2016年 07月 【19件】
2016年 06月 【18件】
2016年 05月 【19件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【23件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【33件】
2015年 11月 【34件】
2015年 10月 【65件】
2015年 09月 【45件】
2015年 08月 【42件】
2015年 07月 【48件】
2015年 06月 【36件】
2015年 05月 【19件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【17件】
2015年 02月 【26件】
2015年 01月 【43件】
2014年 12月 【48件】
2014年 11月 【42件】
2014年 10月 【35件】
2014年 09月 【38件】
2014年 08月 【29件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【24件】
2014年 04月 【28件】
2014年 03月 【34件】
2014年 02月 【19件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【27件】
2013年 10月 【17件】
2013年 09月 【17件】
2013年 08月 【26件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【22件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【10件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【22件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【22件】
2012年 10月 【24件】
2012年 09月 【32件】
2012年 08月 【27件】
2012年 07月 【36件】
2012年 06月 【49件】
2012年 05月 【44件】
2012年 04月 【32件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【38件】
2011年 12月 【38件】
2011年 11月 【36件】
2011年 10月 【35件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【28件】
2011年 07月 【27件】
2011年 06月 【29件】
2011年 05月 【33件】
2011年 04月 【41件】
2011年 03月 【46件】
2011年 02月 【41件】
2011年 01月 【36件】
2010年 12月 【48件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【55件】
2010年 09月 【29件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【22件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【37件】
2010年 04月 【68件】
2010年 03月 【32件】
2010年 02月 【66件】
2010年 01月 【54件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【22件】
2009年 10月 【48件】
2009年 09月 【50件】
2009年 08月 【43件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【44件】
2009年 05月 【49件】
2009年 04月 【33件】
2009年 03月 【21件】
2009年 02月 【17件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【24件】
2008年 11月 【20件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【19件】
2008年 07月 【17件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【26件】
2008年 04月 【28件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【45件】
2008年 01月 【40件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【24件】

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ